住宅ローン
保証人
の義務

住宅ローンには保証人が必要

 住宅ローン保証人審査というものが厳しいのか。それを気にする人も結構いるのかもしれません。保証人は融資申込者が返済出来なくなった場合に弁済する義務があるので、無職の人はなれません。融資申込者が借りた額を返せるというくらいの状況が必要です。一括で返す必要はないので、月々払い続けて完済出来る程度ということになります。しかし、今では保証人というのは保証会社に依頼するのが一般的だと思うので、個人がなるのは少なくなっているんじゃないでしょうか。

 もちろん、個人が保証人になることも出来るんです。でも、保証人を引き受けてくれる人が見つからないって人も多いでしょうし、本当に大変なことなので保証会社が請け負うというのが普通になってきていると思います。尚、今は金融機関によって保証人を必要としない商品を扱っているところもあるので、そういうところを選ぶというのも方法かもしれません。ちなみに、住宅ローン保証人審査を受ける場合、借り入れの延滞履歴があると厳しくなるかもしれません。借り入れしていること自体はそれほど問題ではないらしいです。ただ、その返済を過去に延滞していて、その履歴がまだ残っている場合はちょっと審査に不利になるそうです。

住宅ローン保証人審査についてもう少し。住宅ローンの保証人審査というのは融資申込者と同等のレベルだと聞いたことがあります。確かに弁済する義務が発生するわけですから、無職ではなれないし、融資申込者が借りた額を返していけるくらいの状況でないといけないっていうのも当然です。ですから、融資申込者よりも甘い審査になるという期待はしない方が無難かもしれません。ちなみに、今は個人が保証人になるというのは少なくなっている気がします。

 保証会社が保証人になってくれるっていうのが一般的なので、個人の保証人を探す必要はないと思います。尚、念の為に記しておきますが、融資申込者が返済出来なくなった場合、保証会社が弁済してくれますけども、これは借金がなくなるということではありません。支払う相手が金融機関から保証会社へ移っただけのことです。保証会社が弁済してくれることで、借金がなくなったと誤解される方もいるそうなのですが、そんなことありませんので気をつけてほしいです。その後は保証会社に対して返済していく義務があります。余談ですが、今では住宅ローンに保証会社を必要としないものもありますので、そういう商品を探すのもいいかもしれません。

住宅ローン審査に通りたい方の参考サイト


住宅ローンの審査に通りやすい銀行、通りにくい銀行は存在するのでしょうか?住宅ローンの審査基準や借り入れ実績などを比較し今一番おすすめの銀行を教えてくれます。また住宅ローン審査に通るためのコツやポイントなども抑えてあるので勉強になるのではないでしょうか?


Copyright (C)  住宅ローン保証人審査の特徴  All Rights Reserved 

関連リンク:住宅ローン関連ニュース